プログラム・クラス紹介|鎌ケ谷市 白井市 船橋市 八千代市 松戸市 柏市 鎌ヶ谷 ミニバス 未就学児 小学生 中学生 バスケットボール 男子 女子

  • 会員用ページ
  • ログインID
  • パスワード
  • パシフィック バスケットボール アソシエーション
  • 入会案内
パシフィック バスケットボール アソシエーション

プログラム・クラス紹介

PBA 6つの魅力

パシフィックバスケットボールアソシエーションは6つの魅力ある要素を取り入れた全国で初めての新しいバスケットボール・プログラムを導入し、スタートします。

単なるバスケットボールをのみを実施「プレー」する競技団体(部活・クラブ)ではなく、心・技・体 プラス 脳活性を含めた(プレ)ゴールデンエイジに必要なストレングストレーニングと要素を十分取り入れた魅力あるプログラム・ステージが、ここにあります!!

また、社会に出ても大切である礼儀・マナ−もパシフィックバスケットボールアソシエーションの活動を通じて、しっかりと実施し、規律・規則を重んじながら取り組んで参ります。

PBA 6つの魅力
【魅力1】経験豊富なバスケコーチによる指導
未就学児・小学生・中学生において、一貫したプログラムに基づき、継続した経験豊富なバスケットボールのコーチの指導により、基礎から高度なバスケ技術・理論を習得できる、それがパシフィックバスケットボールアソシエーションの魅力です!!
お子様の成長ステ−ジ(年齢・成長・発育)に応じたカテゴリー別の多彩なプログラムにより、無限の可能性を秘めたお子様の成長をサポ−トします!!
パシフィックバスケットボールアソシエーション、ここから世界のバスケへ羽ばたく子供達の成長を科学的根拠に基づくプログラムでサポ−トし、

早期(小学校高学年/4〜6年生・男女)より国際バスケットボールのル−ル(運用・規程)を取り入れ、成人用ゴール、7号球(男子)・6号球(女子)

にてプログラムを実施いたします。

中学生へ進学した際のジェネレーションギャップを解消すると共に、高いゴールへシュートを打つことにより、綺麗なシュートフォームを始め、コアなカラダ作りへと導きます。

今までにバスケットボール「ミニバスケットボール」をプレーしたことのない方(初心者の方)の入会も大歓迎です。
スタッフが親切・丁寧に指導させて頂きます。
【魅力2】コア(体幹)トレーニング
(ストレングス(Strength)&コンディショニング(Conditioning))

お子様の筋力・パワー・筋持久力をはじめとする、スピード・バランス・コーディネーション等の筋機能が関わるすべての体力要素に不可欠な能力向上のトレーニングを始め、

運動の状況に応じて適切に筋活動をコントロールするための「神経−筋系全体の能力」のプログラム

を専属のプロトレ−ナ−が実施いたします。

スポーツパフォーマンスを最大限に高めるために、筋力やパワーを向上させつつ、柔軟性、全身持久力など競技パフォーマンスに関連するすべての要素をトレーニングし、身体的な準備を整え、筋力や柔軟性、全身持久力をはじめとする種々の体力要素を総合的に調整するトレーニングを実施します。
お子様のカラダつくりで大切なカラダの動かし方・使い方「動作」を

幼少期・小学生の頃よりしっかりと身に付けておくことは、中学生・高校生・大学生・プロリーグへ

と活躍する将来の輝かしい子供達へはとても大切なポイントです。
【魅力3】脳活性化プログラム/シナプソロジー(認知機能向上プログラム)
お子様の視覚・聴覚・触覚などの感覚器へ、さまざまな刺激を与え続けながら、動くことを通して、注意機能や判断力などの認知機能を高め、活動的快の心理的向上が得られるなど、脳を活性化させることを目的としたプログラムです。

お子様の集中力、記憶力・注意力などが高まる事で、

バスケットボールをはじめとする認知機能向上・状況判断能力向上・ストレス緩和、コミュニケーション向上へ
と活かされるプログラムを実施します。

当クラブは、シナプソロジー普及会の指導の元に、科学的根拠に基づいた脳活性プログラム「シナプソロジー」を導入し、お子様の脳とカラダの成長をサポ−トいたします。
【魅力4】俊敏性・持久力トレーニング
敏捷性とは神経系の早さのことで急に動きの方向を変えたり、相手の動きに合わせて動くなど動こうと思ってから動くまでの時間的な早さのことです。
反応とは動こうと思うまでの早さのことです。
つまり、肉体的な早さが敏捷性、意識的な早さが反応です。
また、持久力とは有酸素性の運動を持続する能力のことにて、長時間のスポーツなどに必要な能力を向上する専門のトレ−ナ−により、成長段階に応じたプログラムを実施します。
【魅力5】ベストコンデイショニング(アスリートケア)
お子様の成長段階に合わせたアプローチで、ケガからの早期復帰とパフォーマンス向上をクラブドクターがしっかりとサポートいたします。
バスケットボールはハードなスポーツにて、幼少期のケガのリハビリをしっかりと実施し、再発防止のカラダつくりを目指して、健康的なクラブライフを充実して頂けるようサポートいたします。
また、日常の食事ではなかなか摂取しずらい栄養をサプリメント(補助食品等)にての摂取方法、また将来のトップアスリートを目指す子供達・父兄の皆様へ早期よりドーピング知識の習得をパシフィックバスケットボールアソシエーション所属のスポーツファーマシストが指導・アドバイスをいたします。
【魅力6】スポーツメンタルトレーニング
現在のスポーツにおいて、プロ・アマチュアを問わずトップの現場で根性論でのメンタル強化は皆無に等しいです。
残念ながら、小学生スポーツの多くは、この根性論・忍耐力(いわゆるスポ根)にて罵声を浴びせながら威圧的に取り組む事を多く見受けられます。

当クラブは、大切なお子様のスポーツ心理サポートをPBA契約の実績有るメンタルトレーナー「一般社団法人アスリート心理支援センターと連携」より選手・父兄・指導者と三位一体となった指導により取り組んで参ります。
現在のスポーツにおいて、プロ・アマチュアを問わずトップの現場で根性論でのメンタル強化は皆無に等しいです。
残念ながら、小学生スポーツの多くは、この根性論・忍耐力(いわゆるスポ根)にて罵声を浴びせながら威圧的に取り組む事を多く見受けられます。

当クラブは、大切なお子様のスポーツ心理サポートをPBA契約の実績有るメンタルトレーナー「一般社団法人アスリート心理支援センターと連携」より選手・父兄・指導者と三位一体となった指導により取り組んで参ります
お子様への自己実現へ向けた動機付け、自ら課題解決をしようとする判断力・探究心の形成、団体スポーツにおける円滑なコミュニケーション能力・自立性等のプログラムを提供して参ります。

最近の小学生にては、メンタルにて多くの課題が生じるケースを見受けている父兄の方々、PBAは大切なお子様へのメンタルサポートと併せて、父兄向け・指導者向けの勉強会にて父兄の皆様、指導者の皆様にしっかりとした知識・認識を持って一緒に取り組んで参ります。

クラス紹介

6カテゴリープログラム

パシフィックバスケットボールアソシエーションは、お子様の年齢・成長に応じた各カテゴリーでのプログラムを用意し、バスケットボールの基礎・技術向上を始め、心身ともに成長をサポートします。

クラス紹介

【クラス別 料金表】

U-15(中学1〜3年生) 3,000円
◎バスケットボールの基本動作
◎バスケットボールの技術向上
U-12クラス
※クラス入会はPBAスタッフ推薦が必要となります。
先ずは一般クラスよりスタートとなります。  5,000円
◎スポーツメンタルトレーニング
◎コンタクトプレイへの体幹強化
◎バスケットボールの個人技術向上
◎バスケットボールの理論習得
1on1〜5on5の展開理解
◎対外試合を通してのチーム形成
U-11クラス
※クラス入会はPBAスタッフ推薦が必要となります。
先ずは一般クラスよりスタートとなります。 5,000円
◎ファンダメンタル・トレーニング
◎バスケットボールの技術向上
◎バスケットボールの理論習得
フロア(コート)バランスの理解
ジャッジメントスキル習得
U-10クラス

※クラス入会はPBAスタッフ推薦が必要となります。
先ずは一般クラスよりスタートとなります。 5,000円
◎ファンダメンタル・トレーニング
◎バスケットボールの基本動作
◎バスケットボールの技術向上
◎動体視力・動作スキル習得
◎ジャッジメント・スキル習得
一般クラス(U12・U10)  
3,000円(週1回クラス)「水曜or土曜」 
4,000円(週2回クラス)「水曜・土曜」
◎カラダづくり
◎バスケットボールの基本動作
◎バスケットボールの技術向上
ダイヤモンド(未就学児) 
3,000円(週1回クラス)「水曜or土曜」 
4,000円(週2回クラス)「水曜・土曜」
◎カラダづくり
◎バスケットボールの基本動作

・入会金 3,000円(税込)

・Tシャツ 3,000円(税込)

※スポーツ傷害保険は当クラブにて加入手続きいたします。

入会のお申込み・お問い合わせ

一日体験(無料)・入会のお申込み・お問い合わせは、ホームページの
《入会案内・お申し込みはこちらから》
よりフォームへ入力の上、送信下さい。

パシフィックバスケットボールアソシエーション運営事務局
080−8851−0859
8:00〜20:00(土日含む)

各練習施設等は運営に関しては一切関係はございませんので、そちらへのお問い合わせ等はご遠慮下さい。

男女未就学児・男女小学生大募集

このページの先頭に戻る