【すぐ叱る・・・】やってませんか・・・?! 我が子に・・・ - 千葉県のバスケットボールブログ

パシフィックバスケットボールアソシエーション

会員ページはコチラ

入会申込みフォーム

ビジネスブログ

2023年10月16日 [バスケットボール]

【すぐ叱る・・・】やってませんか・・・?! 我が子に・・・

子供が何かをしたら、記憶が確かなうちに直ぐに叱る・・・

こんなことをお薦めするような記事や書籍もたくさんありますよね・・・

でも、知ってましたか?
それって、脳への科学的な効果としては、真逆をしているってことを・・・

子供の・人間の脳って、大きく分けると2つあります。

・感情を感じる働きを持つ脳・・・「嬉しい・楽しい・悲しい・怖い・・・」

・理性的な脳・・・物事を冷静に判断する

そして、子供の脳は、この理性的な働きをする左脳がまだまだ未発達なんですよね・・・

だから、子供は感情的になった時、その感情を抑えることがなかなかできなかったりするんですよね。
その未発達の子供に対して、直ぐに叱ったりしても、子供の脳はそれを上手く受け入れる・のみこむことができずに、逆効果となってしまうケースが多々あるかと思います。

では、どうすれればよいのか・・・

先ずは、子供のココロと繋がることから始めてみましょう。
子供が幼いころには、お母さんが背中をさすってあげたり、抱っこしたりと子供に同調しながら一つになること・・・って、ごくごく自然としていましたよね・・・
それって、いつしか子供との距離感を置いてしまって、子供が言葉を理解でき始めるころには、上から叩きつけるような罵声を・・・

子供とココロがつながり、落ち着いてからゆっくりと子供と向き合って話すことを心がけましょう。

そして、子供の脳の9割は、5歳までに完成する・・・と言われております。

この完成って、これで脳が成人と同じになる・・・ってことではないので、ご安心を・・・(笑)

5歳までに、子供は言葉を発したり、言葉を認識するための基礎的な能力をもつことが出来上がって切るということなんですよね!!

そして、高度な認知機能の発達は、5歳を過ぎてからも10代半ばまでまだまだ続きます・・・

私たちの脳には、860億個程度の「ニューロン」と呼ばれる神経細胞があり、それが数多くのニューロンと結びついて複雑化して形成されていく「シナプス結会」と呼ばれてます。

そして、何かを学ぶとき、その「ニューロン」が強く結ばれ続け、活性化をし、脳は変化していきます。

そしてそして、その脳「ニューロン」の変化に最悪な習慣は、大きな【ストレス】をかけ過ぎること・・・なんですよね。
それって、ちゅうちょうきてきに不安・恐怖・大きなプレッシャー・期待をかけ続けることで、実は子供は積み重なって、脳に大きなストレスがかかあってしまっているんですよね・・・

例えば、

・あれこれとむやみやたらに、良かれと持って子供に習い事ばかりさせてしまって、子供が友達と遊ぶ地涌な時間を奪っている・・・

・教育論など何も分からない、自分の体裁・勝利主義ばかりを考えているボランティアのミニバスコーチに、パワハラ同様に威圧的や人格否定・みんなの前で面白がってバカにされ続けている我が子だか、子供の為って思ったり、小さなコミュニティー(学校が同じ)だから辞められずに子供だけが絶えている環境・・・

などなど、よく当クラブでも耳にします(実際に、当クラブへ入会されます)。

ボランティアコーチって、一見、無償・無料で重宝がってタダでしてくれているんだ・・・と思うかもしれませんが、一方では責任は持たずに無責任、子供への教育論等は全く無知っていう方が概ね8・9割ではないのでしょうかね、実は・・・(笑)
それって、進学校へ入学するための受験方法を学ぶために行かせている塾の講師が、全く受験方法・勉強方法を知らない・・・ってことと同じことなんですよね・・・
それを親が知ってて、そのような環境・土俵へ大切な我が子を預ける・任せるってことと同じなんですよね・・・
普通なら、それをしますかね・・・(笑)

これって、子供の脳「シナプス」において、最悪なケースなんですよね・・・
この時に、子供のストレスがかかった状況をどのようにサポートしてあげられるか・・・
とても大切な時期・状況なんですよね・・・
それが崩れると、チックやうつ病、無気力な状況へとしかるべき状況へと入ってしまいます・・・

子供の脳を育てる・はぐくむことで最も効果的なのは、

親として子供としっかりとした信頼関係を持てる大人として、関われるかどうか・・・

です。

そして、親以外でも、しっかりとした信頼関係を持てる大人が一人でも多くいるか、存在するか・持てるかどうかです・・・

それは、子供自身が、子供へ、さまざまな体験を通してココロとカラダの能力を伸ばしていくことが、脳を効率よく成長させる最善なサポートです。

子供へは、多様な体験を通じて、脳が包括的に成長することで、結果として脳が良い脳へと発達していくという子供にとってのベター・ベストな成長なんですよね・・・

そして、当クラブは大切なお子様のココロとカラダの発達を最大限にサポートして参ります。

既にご存じの父兄の皆様の多くは、お子様をPBAバスケットボール・スクールへ通わせています。
お子様の無理のない生活リズムで週1回から通えるバスケットボール・スクールがここにあるからです。

兄弟・姉妹で一緒に通われるご家庭も非常にたくさんいらっしゃいます。

平日クラスもあり、週末は予定がある方は平日クラスを、平日に他の予定や父兄の送迎が厳しい場合は、週末の土曜日または日曜日クラスへと、様々な曜日・時間帯が選択できるのもバスケットボール・スクールでは千葉県内では唯一のPBAの魅力です。

どうぞお気軽に先ずは無料一日体験をホームページまたはお電話にて、お申込・お問い合わせを下さいね。

お子様の成長をサポートするスタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。

スポーツ・バスケットボールを通して、子供の脳とココロとカラダの成長をサポートいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る

パシフィックバスケットボールアソシエーション

会員ページはコチラ

入会申込みフォーム