【バスケットボールクラブに求める声・・・!!】 - 八千代市のバスケットボールブログ

パシフィックバスケットボールアソシエーション

会員ページはコチラ

入会申込みフォーム

ビジネスブログ

2017年09月01日 [バスケットボール]

【バスケットボールクラブに求める声・・・!!】

【バスケットボールクラブに求める声・・・!!】

たくさんの子供達が当クラブへ入会され、活動をしております。

多くのバスケットチーム「ミニバスチーム」の指導者・スタッフよりよく声を耳にするのは、

・うちのチームはマナー・礼儀をしっかりとさせることです・・・

・うちのチームはみんな仲が良く、父兄もお手伝いを一生懸命やってくれます・・・

という声を耳にします。

これはこれで、小学生スポーツに、日本古来よりの礼儀を重んじることをしっかりと身に付けさせること、大切です。
父兄も我が子のサポートに時間をさいて一緒にいる時間を共有したい、頑張っている子供の姿を見たい、これも当然のことです。

でも、そればかりに重きを置いてませんか・・・??
所属する子供、父兄はそれだけしか求めておりませんか・・・??

当クラブへ入会される多くの子供・選手、父兄は、こんな言葉を多く耳にします。

・もっとバスケが上手になりたい・・・!!

・しっかりとした指導を受けたい・・・!!

・なぁなぁの仲良しクラブでは嫌で、やっぱりやるからには勝ちたい・・・!!

・試合に出場して活躍したい!! シュートをたくさん入れたい・・・!!

これが本音です・・・

この本音にバスケチーム「ミニバスチーム」の指導者・コーチ・スタッフはどこまで本気で、ガッツリと入り込んでますか?
耳を傾けてますかね・・・??

指導者のエゴ・自己満足、自身で自身の限界点を勝手に決めて、

「うちの(チーム)子供達・選手達はこれくらいの指導で十分だ・・・」

「本気で勝ちたいなんて思っていない・・・」

「俺(指導者自身)も仕事の片手間でやっているので、これ以上の指導を勉強し、時間を割くのは無理・・・」

等と指導者が真剣にぶつかってくる選手達・子供達、その思いを託している父兄より逃げに入っている姿、セリフをよく見受けられます・・・

非常に残念であり、悲しい出来事ですよね・・・
そんな指導者・コーチにかぎって、試合中に怒鳴ったり・選手の人格否定をしたり・自身(コーチ)を正当化「自分はしっかりと教えているつ・も・り・・・・」している光景が・・・

未来・将来ある選手・子供のことを真剣に考えると、これって・・・

そんなことに疑問を投げかけながら、小さな取り組みですが、当クラブは本気・真剣でバスケを上達したい選手・子供達を全力でサポート・指導して参ります。

バスケバカ(^^)スタッフがたくさん、ここ当クラブにおりますよ(^0^)

このページの先頭に戻る

パシフィックバスケットボールアソシエーション

会員ページはコチラ

入会申込みフォーム