子供がスポーツに参加する 9つの理由 - 八千代市のバスケットボールブログ

パシフィックバスケットボールアソシエーション

会員ページはコチラ

入会申込みフォーム

ビジネスブログ

2015年11月26日 [バスケットボール]

子供がスポーツに参加する 9つの理由

子供がスポーツに参加する 9つの理由

最近の子供は、昔と比べてひとり一人生活する方法が異なっています。子供たちは、スマホやタブレット、デスクトップなどのコンピューター機器やインターネットで繋がっていますが、昔の世代に比べて外の世界に充分に晒されていません。今の時代、外で遊んだりスポーツすることは学校の授業以外では多くないのではないでしょうか。そんな性別関係なくすべての子供たちがスポーツに参加するべき9つの理由。あなたの子供にスポーツをさせて、学校生活を良くしたり、精神的な安定や人間としての成長を助けましょう。
当クラブのバスケットボールは単なる学校部活の勝つための練習ではなく、大切なお子様の心身の健康を第一に考えたプログラムを提供しております。

@精神的な発達を促す
「新しい科学的なエクササイズと脳の革命」の共著者John Rately博士によると、活動的な子供の脳の発達は、活動的ではない子供より優れているそうです。アクティブな子供は認識力、集中力、反応力が優れているとわかっています。スポーツは、メンタルの発達の基礎において、社交性やコミュニケーション能力を育て、よく眠れる助けを果たします。バスケやランキング、ウォーキングをさせると他の人に比べて、学校で秀でる傾向があることを覚えておいてください。

A脳の発達を助ける
イリノイ大学の心理学の2010年の研究では、習慣的な運動は脳の構造や機能に影響を与えることが発見されました。John Rately博士は、活動的であるかスポーツをしている子供は、BDNF (脳由来神経栄養因子)と呼ばれるタンパク質が多く生成されることを発見しました。BDNFというタンパク質は、神経のコネクション化を助けます。継続的な運動で神経感の接続が強くなると、子供はより簡単に学習したり、情報を憶えたりすることができるようになります。

B骨の強化や筋肉の調整
私たちが知っているように、運動は筋肉を育てます。特に子供時代の運動は特に重要です。子供がスポーツをすると、彼らの肉体はたくましくなり筋肉はよりしなやかになります。骨はより強く弾力的になり、日常生活で引っ張られたり圧力がかかっても怪我をすることが少なくなります。スポーツは子供の体をより柔軟に成長させるため、その後の人生で関節痛や骨の病気に対して強くなります。医者の多くは、骨の病気や関節痛の共通の原因は子供の時にスポーツや体を動かすアクティビティをしなかったからだと言っています。

D正しい姿勢とバランス能力
小児作業療法士Angela Hansomによると、運動が少ない子供は、姿勢が悪くバランス能力に欠けているそうです。これは、子供の筋肉が十分鍛えられていないため正しい歩き方やバランスになりにくいそうです。正しい歩き方やバランス能力を養うには、週に一度か二度、数時間に渡って、バスケの様な走る・飛ぶ・投げる等の全身を使うカラダの動きを与えることがよいとされています。この運動は、子供達の日頃のストレスを緩和し、集中力を養う一助にもなります。

D心臓や肺機能の健康の改善
スポーツ、特にバスケットボールは、基本的に心肺トレーニングも含まれています。スポーツは心臓のポンプ能力の効率を改善し、肺活量を増大させます。これらは子供にとって必要不可欠です。

Eカラダの免疫機能を高める
習慣的な運動は身体能力を高めるだけではなく、泥や空気や水中に含まれたバクテリアに曝されることになるので、子供の免疫能力を飛躍的に高めます。一度細菌に曝された子供は、バクテリアへの抵抗力を強め、細菌の宿主になりにくくなります。

Fチームスピリッツを育てる
バスケットボールやサッカーなどのチームスポーツは、子供たちがチームメイとと共にプレイへ取り組む選手となるための協調性の学習になります。自分勝手なプレーではなく、チーム全体のために何をするべきかということを学ぶにはチームでのスポーツが不可欠です。これは空気を読む能力を育てることを助けます。
最近、社会人でもこの「KY/空気が読めない」新卒・社会人が多いのは実は幼少期の親の育て方に問題があるのです。
環境ステージを早期にお子様へ・・・

G競争心(意識)を育てる
スポーツは子供に競争心(意識)を育てます。スポーツは精神的な強さや肉体の弾力性を高めるだけではなく、勝ちたいという意識の重要性を学ばせます。最近の学校教育は・・・
多くの子供たちのようにただ負けることを嫌うことは子供の成長にとって有害です。スポーツは負けても大丈夫、だけど勝つために努力するということが重要だということを教えます。
負けて多くを学ぶこと・・・
勝って理由を自身が分かり、新たなる目標設定をし、更なるチャレンジをすること・・・

Hあきらめない心の姿勢
子供は家族や指導者含めた関係者から多くを学びます。しかし繰り返し練習することも成長するためには重要です。子供はスキルを磨くために粘り強く練習すると決して諦めなくなります。子供がネバーギブアップを学ぶ一つの良い方法は、子供が達成していない目標を設定し困難を克服させる方法です。それが小さな目標でも達成すること・させることが出来たとき、親との喜びと共にあきらめない心が幼少期より養います。これが社会へ出た時にきっと・・・

上記を取り組む一つの手段として、当クラブでの活動はいかがでしょうか?
先ずはお気軽に体験申込を、経験有無に関わらず、お待ちしております!!

このページの先頭に戻る

パシフィックバスケットボールアソシエーション

会員ページはコチラ

入会申込みフォーム