大切な選手(お子様)の最適な筋バランスのカラダづくりとは・・・ - 八千代市のバスケットボールブログ

パシフィックバスケットボールアソシエーション

会員ページはコチラ

入会申込みフォーム

ビジネスブログ

2016年01月26日 [バスケットボール]

大切な選手(お子様)の最適な筋バランスのカラダづくりとは・・・

大切な選手(お子様)の最適な筋バランスのカラダづくりとは・・・

現在、スポーツの指導に携わる方の多くが、「技術を上達させるためには技術をしていればいい」とお考えの方が多いと思いわれます。
技術面だけを取り上げて見れば正解かもしれませんが、スポーツは技術的な能力だけではなく、身体的な要素も大きく競技成績に関係しているのです。

人間の身体的構造は、様々な日常生活や運動に対応できるように作られており、一定の動作だけを行うようにはできていませんが、もし一定の動作が繰り返されても十分に適応できるという、素晴らしい能力を兼ね備えています。
しかし、その繰り返される動作が人間の適応能力の限界に達した場合、痛みとなって反応を示すようになります。
つまり、最適な筋バランスの身体作りとは、各種目特性に最大限に身体を適応させ、人間の適応能力の限界を超えてしまわない範囲に保つことを目標としています。
また、身体の協調性も技術練習だけで向上させようと思ったら、どれだけの時間がかかるか分かりません。
競技特有の動作を向上させようと思ったら、実施競技以外でのトレーニングで強化する必要があるのです。

機能的トレーニングの動作は単純なものが多く、すべて複雑なものではありませんが、正確に繰り返し実施するのは容易ではありません。
このトレーニング動作は正確に行い、目的をしっかりと理解して実施することに意味がありますので、こなすだけのトレーニングにならないように注意が必要です。

当クラブは、専門のストレングス・コンデイショニングトレーナーによる選手(お子様)の成長ステージ(年齢・体格等)に合わせたプログラム提供を実施し、バスケットボールの身体的機能向上はもちろんのこと、これに偏ることなく選手(お子様)の心身・筋力向上へバランスの良いトレーニングを実施しております。

ここに焦点をあてないミニバスチーム・指導者がほとんどであり、これは、そこへの気付が全く無い事や、あっても「HOW TO」(やり方が分からない)という指導者がほとんどです。
よって、毎日の様に、また長時間の練習回数・時間・運動機能分類を考えない、言わば「走るだけ・カラダを痛めつけるだけ・・・」の結果、皆様も想像がつく結果となってしますのです。

小学生においても、選手(子供)へは、適正な育成プログラムを提供することにより、中学校へ進学し、バスケを始め、どのようなスポーツ(部活動)へ入っても、セルフ(自分で)でしっかりとトレーニングが出来るメゾットが身につくものと思います。
これがいわば、スポーツにおける本当の教育へつながってくるものであり、日本の義務教育の世界でも有数の教育国であると同時に、スポーツでもこの点を大切なお子様のために、安易に考えるのではなく、しっかりと考え・選択することをお勧め致します。

体験・入会・相談等の申込み・ご相談をお気軽にどうぞ。
ホームページまたは下記電話より

運営事務局
TEL:080−8851−0859

このページの先頭に戻る

パシフィックバスケットボールアソシエーション

会員ページはコチラ

入会申込みフォーム