試合と試合(練習と練習)の間の栄養接収方法について・・・ - 八千代市のバスケットボールブログ

パシフィックバスケットボールアソシエーション

会員ページはコチラ

入会申込みフォーム

ビジネスブログ

2016年11月02日 [バスケットボール]

試合と試合(練習と練習)の間の栄養接収方法について・・・

試合と試合(練習と練習)の間の栄養接収方法について・・・

試合は汗や呼吸などで大量の水分と動くためのエネルギーを消耗する。
特に長時間激しい動きをする競技では身体のなかのエネルギーを使い切ってしまうこともあり、補給しないまま次の試合をするとパフォーマンスに大きく影響してしまう。
長時間の試合・練習が1日に2回以上ある際は、試合の間のエネルギー補給も試合で勝つために大切な要素だ。
今回は試合と試合の間のエネルギー補給方法について紹介しよう。
試合・練習後すぐに糖質とクエン酸を!

1試合目(午前練習等)が終わった後、次の試合までに身体にエネルギーである「グリコーゲン」を蓄えるためには試合終了後できるだけ早く糖質を補給することが大切。さらに素早くエネルギーを身体に充填するために、オレンジやレモンなどに含まれる「クエン酸」と一緒にグリコーゲンの材料であるブドウ糖を摂取したい。
試合後はクエン酸を含んだスポーツドリンクやオレンジジュースを飲む、果物類を素早く食べるなどして次の試合に備えよう。
食事する時間がある場合

次の試合まで3〜4時間以上の時間がある場合、食事をとってエネルギー補給することもできる。この時はおにぎりやパスタなどの炭水化物で栄養を補給するほか、デキストリンという吸収の早いエネルギー源を含むサプリメントや、水溶性ビタミン剤を摂取しておくことも有効。
特に水溶性ビタミン剤で、摂取したエネルギーを分解しエネルギー代謝に関係するビタミンB1や、疲労回復効果のあるビタミンCを含むものを摂取しておくと、摂取したエネルギーを効率良く利用でき疲労回復に役立つだろう。

試合の間の食事で注意すべき点

消化に時間のかかる油物や繊維の多い食品は腸内ガスを発生させたり、一緒に摂取した栄養の吸収を遅くする効果もあるため避けたい。玄米やオートミール、さつまいもなど、普段は食物繊維と栄養を多く含む炭水化物でも、試合の間の食事では避けるようにしよう。

食事する時間がない場合
• 試合後すぐに糖質とクエン酸を含むドリンクを飲む
• 消化が早く吸収のよいゼリーやデキストリンを含むサプリメントでエネルギー補給する
• 次の試合に1時間以上時間があるなら水溶性ビタミン剤(栄養ドリンク)も効果的

食事する時間がある場合
• 試合後すぐに糖質とクエン酸を含むドリンクを飲む
• 食物繊維が少なく、消化のよい炭水化物を中心とした食事を適量食べる(脂質は少なめで)
• 試合1時間前に水溶性ビタミン剤を飲んでビタミンも補給しておく

次の試合の開始時間にあわせて適切な栄養補給をしよう。特に次の試合への時間がない場合はサプリメントなどを使うことで効果的に栄養を補給できる。エネルギーも大切だが、ビタミンやミネラルの補給も忘れないようにしたい

いかがでしたでしょうか?

チーム指導者・コーチにおいて、上記の様な知識がないと、単に「はい、食事しろ〜〜」とか、「何かお腹に入れておいて〜〜」と食事摂取を土素人の指示同然で実施しているミニバスチームの指導者がいかに多いことか・・・

せっかくの練習も、食事摂取によって更なるパフォーマンスを向上するのか、しないのか・・・
これって、全くもってもったいない始末ですよね・・・

本気でバスケをやっているお子様へ、しっかりとした知識・見解・アドバイスで指導できること、上記の食事はもちろんのこと、【ケガをしないカラダづくり・使い方】【メンタルトレーニング】【カラダのケア】等々、様々な知識・教養を小学生の頃よりお子様自身でセルフコントロール・ケア出来る環境ステージって、実はとても大切なんですよね・・・

そんな点をバスケをする際に多くの父兄は見落としがちで、単に近くのミニバスチームへ登録させる・プレイさせる・それしかないと言われ渋々と入会させる、残念な結末へ・・・

スポーツ・バスケもしっかりとした知識教養が今、求められる時代にきております!!
あなたのお子様は大丈夫ですか・・・??
父兄のあなたはいかがお考えでしょうか・・・??

このページの先頭に戻る

パシフィックバスケットボールアソシエーション

会員ページはコチラ

入会申込みフォーム